対人恐怖症の治し方

治し方

原因

症状

チェック

接し方

高所恐怖症を改善するためには?

※「高所恐怖症とは?」からの続きです。

ビルの中でも恐怖を感じる
高所恐怖症とは、絶対に安全な場所と頭では理解しながらも、すくんで動けなくなってしまう恐怖症のことです。

そして高所恐怖症の方の中には、高層ビルの上の方の階にも恐怖を感じてしまう人もいます。


高層ビルの中であっても窓の外、ましてや下の状況を見ることができない場所にいたとしても、そこが高いところなんだという認識しただけで不安が講じて動悸が始まったり汗が出てしまう、いわゆる冷や汗をかいてしまう人もいます。

さらに言えば、他人が高いところにいる場面を見ただけで気分が悪くなってしまう人もいるんですね。


社会生活にも影響する高所恐怖症
遊園地の高い場所を通過する乗り物や山登りなどは、他の人みたいに楽しむことはできないにしても自ら望んでいかなければそれで対処できます。

しかしながら、高層ビルなどに恐怖を感じてしまうケースでは就職する会社も限定されてしまいます。また、社会生活に影響が出てくることも考えられます。

日常生活に影響が出てしまうほどの重度の高所恐怖症は、やはりなんとかする必要がありますので、症状を改善するための治療を受けるべきだと思います。


ただ単に高いところが苦手という高所恐怖癖であれば、個人の努力で克服できる可能性もあるでしょう。しかしながら、重度の高所恐怖症を改善するためにはカウンセリングや心理療法などで治療を受ける必要があります。

高所恐怖症の影響で日常生活にも支障のある方は、一度心療内科で診てもらってはいかがでしょうか?



TOP PAGE