対人恐怖症の治し方

治し方

原因

症状

チェック

接し方

社会恐怖症の症状

※「社会恐怖症とは?」からの続きです。

人に対して意識過剰になる
社会恐怖症という恐怖症がありますが、これは赤面症やあがり症、そして対人恐怖症などの症状を思い浮かべていただければ、それほど間違ったことにはならないでしょう。

社会恐怖症の人は、人を目の前にするとそれが一人でも複数人数であったとしても意識過剰になってしまうんですね。


そうすると話をしなければいけない、行動に移さなければいけないなどという余計なプレッシャーに押しつぶされて空回りしてしまう、何をやっても上手くいかないのではないかという不安な精神状態に陥るのが社会恐怖症の症状です。

社会恐怖症の厄介なところは、なかなかその辛いところを本人以外の周囲の人たちには理解してもらえないということです。

そんなことかから結局一人で悩んでしまう場合が多いんですね。


海外ではあまり見られない症状
ところで社会恐怖症というのは、外国の人にはあまり見られない症状だそうです。逆に言えば日本人特有とまでは言えないにしても日本人に多い症状であることは間違いのないところなのです。

ということは、社会恐怖症というのは人間関係を重要視する日本人独特の国民性から来ていると言って良いのかもしれません。


実際にこのような考え方を支持する人が多いというのもまた事実なのです。

人間関係は維持すべきもの、壊してはいけないものだという強迫観念にとらわれますと、より一層社会恐怖症の症状は強く現れることになります。

あまりネガティブな思考に固執しないようにして、ある程度は楽天的にな考え方ができるように心がけることも大切です。



TOP PAGE