対人恐怖症の治し方

治し方

原因

症状

チェック

接し方

過去の男性体験が原因の男性恐怖症

※「男性恐怖症とは?」からの続きです。

恐怖の対象が男性
男性恐怖症は対人恐怖症の一種です。要するに対人恐怖症の対象が男性ということになりますか。

世の中はまだまだ男性社会と言ってもよい状態ですから、男性恐怖症ということになりますと仕事をするにしても障害となりかねません。


それにいくら男性恐怖症といいましても、若い女性であればやはり恋だってしたいですよね。

ところがその恋愛の対称となるべき男の人に恐怖心を抱いてしまうようであれば、どんなに優しい男性が目の前にいても交際することはできないかもしれません

若い女性が男性に恋することができないなんてとても不幸なことだと思います。男性恐怖症は専門のカウンセリングを受けることで症状が大きく改善することもありますので、是非一度相談すると良いでしょう。


男性恐怖症の実例
ここのある若い女性の男性恐怖症の事例があります。

その方は、小学生6年生から中学1年生の時まで何人かの男の子にいじめられていたそうです。いじめ自体は教師の指導で収まったということなのですが、その後女子校に進んだために男子生徒との接点がなくなり、同年代の男子に恐怖心を抱くようになったということなのです。

この女生徒は、電車通学で遭遇する中年以上の男性には恐怖心を感じないそうです。あくまでも同年代の男子生徒ということなんですね。

これは過去のいじめに起因しているからなのでしょう。男性恐怖症と言いましても、その原因になった出来事というのはそれぞれ違いがあるはずです。

ここはやはり専門医に相談することが克服の一番の近道になると思います。



TOP PAGE