対人恐怖症の治し方

治し方

原因

症状

チェック

接し方

対人恐怖症を森田療法で治す

実績のある森田療法
対人恐怖症を克服するための一つの方法として、森田療法と呼ばれる治療方法があります。

この治療方法は、1919年(大正8年)に精神科医である森田正馬氏よって作り出された心理療法です。


森田療法は、対人恐怖症とか広場恐怖症などに代表される恐怖症や、強迫神経症、心気症そしてパニック障害などの不安神経症、要するに神経症に対しての心理療法であり、その治癒効果として大きな実績を上げております。

その実績により森田療法は現在、日本でのみならず世界的にも採り入れられている治療法なのです


森田療法は、基本的に入院して治療を実施することになります。ただし、通院しての治療が全く行われていないわけではありません。患者の状態によっては通院治療もありますよってことですね。

そうは言っても、森田療法で行われる治療内容を見ますと、効果を最大限に得るためにはやはり入院治療が必要と言って良いでしょう。

具体的な治療内容につきましては、第1期から第4期に分けて段階的に実施されることになります。


【森田療法】
第一期・・・絶対臥褥(がじょく)期
森田療法の第一期は、絶対臥褥(がじょく)期とも呼ばれておりまして、外部からの刺激から患者を守るために個室に隔離するところから始まります。

そもそも、通院治療ではこの部分が簡単にはできませんよね。

絶対臥褥(がじょく)期で隔離された患者は、食事、洗面、トイレ以外の行動は制限されてただひたすら寝ているだけの環境に身を置かれます。

絶対臥褥(がじょく)期の目安となる期間は一週間程度となります。


※こちらに続きます。
>>>対人恐怖症の治る確率が高い森田療法



TOP PAGE