対人恐怖症の治し方

治し方

原因

症状

チェック

接し方

対人恐怖症は認知療法で治す

認知療法が主流
神経症の一種である対人恐怖症の治療は、対話を行うことで精神疾患や心身症などの症状を改善する心理療法、その中でも特に認知療法を実施するというのが、今現在の日本の医療現場におきましては主だった方法となっております。

認知療法を採用している病院やクリニックが多いということは、それだけ効果が高いということの裏返しでもでもありますね。


ただ、そうは申しましても認知療法のみで治療に当たるということではなく、薬物療法も並行して行われるケースが多いわけであります。

要するに、対人恐怖症の特徴的な症状は薬でコントロールしながら、根本的な原因に対しては認知療法で対処して快方に繋げていくことになります。


認知の歪みを是正する
認知療法を実施するに当たっては、医師と患者が1対1で向き合うことになります。そして対人恐怖症の原因となっている「認知の歪み」を少しずつ是正するわけです。

ここで登場する「認知の歪み」についてご説明しますと、これは人から見ればどうということのないくらいの少しばかりの失敗であっても激しく自分を責めてしまったり、あるいは落ち込みもまた激しくてなかなか回復することができないという考え方の習慣のことです。


認知の歪みというのは、過去の体験から生まれてくるものです。対人恐怖症の人は、さもありなんということになるのかもしれませんが、非常に偏ったマイナス思考の方が多く、当然のごとく自己評価も低いわけであります。

認知の歪みが、ご自身の自己評価を極端に低いものとしてしまうんですね。


※こちらに続きます。
>>>認知の歪みを是正する



TOP PAGE