対人恐怖症の治し方

治し方

原因

症状

チェック

接し方

対人恐怖症とあがり症の違い

人間に対する極度の緊張感
人との接触に恐怖を感じてしまう対人恐怖症、そして人前に出ると極度の緊張感に襲われてしまうあがり症ですが、なんとなく似たような症状だと思いませんか?

対人恐怖症にしてもあがり症にしても、どちらも神経症の一種でありますし、キーワードは対人間にあります。

要するに、人を対象にして不自然なほどの緊張感という反応を現わします

このような極度の緊張感を強いられることから色々な症状が出現してくるわけであります。


軽度のあがり症と重度の恐怖症
対人恐怖症やあがり症の方というのは、人の前でご自身の思ったことを述べることができずに赤面したり、他人の目を気にし過ぎて落ち着かない状態になってしまいます。

身体的な異常を抱えているわけではありませんから、普通の人は経験を重ねていくことで苦手なことでも、多くの場合、それなりにやっていくことができるものです。


しかしながら、経験しても慣れることなくその反対で緊張感が増すばかりで自分の殻に閉じこもってしまうケースがあります。

自分の殻に閉じこもってしまえば精神が破壊されずに済みますからね。でもそのことから症状はさらに悪化してしまうわけであります。


人との接触を避けようとして、次第に孤立化は深まり社会の一員として生活していくことが難しくなってしまうこともあります。この状態では会社で働くことも学校に行って勉強することもできませんよね。

そして対人恐怖症とあがり症なのですが、症状が軽度な場合はあがり症、重度のケースでは対人恐怖症と分類する考え方もあります


※こちらに続きます。
>>>治療が遅れがちな対人恐怖症



TOP PAGE