対人恐怖症の治し方

治し方

原因

症状

チェック

接し方

対人恐怖症になりやすい人

なりやすいタイプとは?
対人恐怖症という神経症には、それになりやすいタイプの人がいるわけでありまして、それは例えば神経質な人であったり、あるいはまた完璧主義の人たちが該当します。

さらには幼いころに、極端な人見知りだったという人も対人恐怖症に陥りやすいと言われております。

何やら近ごろでは、自称人見知りというような人が増えているそうですが、それはまた、ちょっと違うお話になると思います。


世の中にはちょっとしたことをくよくよと考え込んで落ち込んでしまう人、傷つきやすくて繊細な心を持った人も対人恐怖症になりやすいタイプであるということが言えるでしょう。


女性の方がなりやすい
男性と女性を比較した場合、やはり繊細な側面を持ち合わせている方が多い分、対人恐怖症になりやすいと言われております。

実際に患者の数も女性の方が多いわけですから、間違いのないところだと思います。


また、対人恐怖症には発症しやすい時期というものがありまして、それは10歳代の後半から始まりまして、20歳打の前半あたりが危険とされてまいりました。

ところが最近、30歳を越えてからも患うことになる人が増えているということです。


対人恐怖症を発症した人たちを見てまいりますと、自分に対する評価が低く、そして人目を意識し過ぎて他人からの評価が気になって仕方がないという面があるように思います。

さらには、マイナス思考にハマってしまい、このようにしなければいけないという固定観念にとらわれ過ぎているということも言えるでしょう。


※こちらに続きます。
>>>相談することさえ難しい対人恐怖症



TOP PAGE