対人恐怖症の治し方

治し方

原因

症状

チェック

接し方

対人恐怖症治療のための薬

対人恐怖症で使われる薬
対人恐怖症の治療方法の一つの手段としまして、薬物療法をあげることができるわけでありますが、一般的には心理療法と同時進行で実施されることになります。

この時の薬物療法で利用される薬には下記のようなものがあります。


・SSRI・・・SSRIは、セロトニンと呼ばれる脳内神経伝達物質の分泌を調整してくれます。元々は鬱病治療のために作られたもので、その効果として緊張を強いられるようなシーンでも不安を和らげる働きがあります。

セロトニンが不足しますと、眠りが浅くなったり、集中力の低下や低体温を招くなどの悪影響を及ぼす恐れがあります。


・SNRI・・・SNRIは、脳内神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンの分泌を調整してくれます。ノルアドレナリンは、人間の思考とか意識を活性化する役割があります。

SNRIも鬱病治療の薬ですが、副作用が少ないという特徴がありまして、そのためにご高齢の方や合併症のある人でも使用できるという利点があります。


・β遮断薬・・・β遮断薬は、動悸や発汗、そして緊張からくる震えなどのような身体に現れる症状を抑制する効果があります。

多くの人の前で話をする必要に迫られた場面などで、応急的に症状を抑えるために使われます。本来は、発作性頻脈症であったり高血圧の治療などに使われる薬ということで低血圧や喘息の人は利用できません。


・抗不安薬(クロナゼパム)・・・精神安定剤ということで、不安であるとかイライラを軽減する作用がありまして、動悸や頭痛という身体に現れる症状を和らげてくれます。


※こちらに続きます。
>>>対人恐怖症の治療には心理療法が必要



TOP PAGE